正しい遺品整理業者選びガイド【横浜編】 » 依頼する前に知っておこう!遺品整理業者の基礎知識 » 不用品処分業者との違い

不用品処分業者との違い

一見すると同じようにも思える遺品整理業者と不用品処分業者を比較。両者の違いはどこにあるかを明らかにしていきます。

遺品整理業者と
不用品処分業者は違うの?

不用品を処分するという作業が共通しているため、遺品整理業者と不用品処分業者は同じものと捉えられている方がいますが、実際に細かく比べてみると両者で大きく異なる点がいくつも存在します。

その名の通りなのですが、遺品整理業者は対象物である「遺品」を「整理」します。整理の中には必要品と不用品を仕分けして貴重品を探し出し、場合によっては遺品の買取りを行ったり、供養やお焚きあげに対応する業者もあります。

また作業終了後には簡易的な清掃を行い、オプションサービスとして消臭や本格的なハウスクリーニング、家屋の解体などにも応じる場合があります。つまり数多くのメニューの中に不用品処分が含まれるということです。

一方、不用品処分業者は「不用品」を「処分」するのみです。必要品か不用品かの判断は依頼者側で行い、要らなくなったと思われるものを回収して廃棄したり、業者によっては買取りを行っていることもあります。

対象物は不用品ですのでそれが遺品であるかどうかは関係しません。したがってモノの取り扱いが雑になり、当然ながら供養やお焚きあげにも対応していません。また不用品を搬出したら作業は終了となり清掃は行っていません。

すべてを遺品整理業者任せに
してしまうのは危険?

捨てるもの残すものの把握だけはしておこう

遺品整理業者は必要品と不用品の仕分けまでやってもらえるとは言うものの、依頼者として何もしなくてよいということにはなりません。プロの遺品整理業者でもモノの価値は客観的な評価しかできないからです。

思い出が詰まったものなので残しておきたいという感情は遺族にしかわかりません。業者側では不用品と判断して処分してしまい、後からトラブルになったというケースもありますので事前に必要なものは捨てないように業者と打ち合わせしておくことが必要です。

不用品処分業者と比べると遺品整理業者は経験も豊富で、遺品整理後の相続やリフォームの相談ができるなど頼りになることは間違いありませんが、すべてを丸投げにしてしまうとどうしても行き届かない部分も出てきます。

遺品整理業者は相談パートナーとして考えよう

不用品処分業者に対しては不用品だけを引き取ってもらう業者として考えてよいですが、遺品整理業者に対しては遺品に関する相談パートナーとして考えることです。優良な遺品整理業者であればプロの目から最適な処分方法を提案してくれるはずです。

見積りの際に丁寧な対応をしている、遺品整理士の資格を有しているなども指標の1つです。じっくり見極めることが重要になってきます。

\充実のサービスとコストパフォーマンス/ 横浜の頼れる
遺品整理業者3社
  • CLEAR(クリア)
    価格(1R/1K)
    20,000円~
    • 供養
    • 形見分け配送
    • 不用品の買取
    • ハウス
      クリーニング
    • リフォーム
    • ゴミ屋敷の
      片付け
    • 秘密書類の
      処理
    • 特殊清掃
    • 家の解体
    • 女性スタッフ
      在籍

    公式HPで
    相談してみる

  • 遺品整理プログレス
    価格(1K)
    35,000円~
    • 供養
    • 形見分け配送
    • 不用品の買取
    • ハウス
      クリーニング
    • リフォーム
    • ゴミ屋敷の
      片付け
    • 秘密書類の
      処理
    • 特殊清掃
    • 家の解体
    • 女性スタッフ
      在籍

    公式HPで
    相談してみる

  • ネクストサービス
    価格(1R/1K)
    25,000円~
    • 供養
    • 形見分け配送
    • 不用品の買取
    • ハウス
      クリーニング
    • リフォーム
    • ゴミ屋敷の
      片付け
    • 秘密書類の
      処理
    • 特殊清掃
    • 家の解体
    • 女性スタッフ
      在籍

    公式HPで
    相談してみる

業者の画像

横浜市の数ある遺品整理業者の中から安くてサービスが充実している業者をピックアップしました!