正しい遺品整理業者選びガイド【横浜編】 » 依頼する前に知っておこう!遺品整理業者の基礎知識 » 【番外】遺品整理は自分でできる?

【番外】遺品整理は自分でできる?

遺品整理は自分で行いたいと考えている方に必要な準備や心構え、実際にどういった手順で進めればよいかについて解説します。

遺品整理を自分で行う方法

どのように遺品整理を進めるかについては、それぞれの事情によって細かくは変わってきますが大まかには以下の順番で進めていくことになります。

1.スケジュールを決める

遺品整理とは必要と不要のものを分けて必要にないものを処分するのが基本です。遺族は他にも相続の相談などやらなくてはならないことがあるため、しっかりと計画を立てて進めないとダラダラと長引いてしまいます。故人が賃貸住宅で暮らしていた場合は時間的にも余裕がないためスケジュールを決めて手際よく行わなければなりません。

2.遺品を分類する

遺品を必要なものと不必要で捨ててもよいものに分ける作業です。思い出の品があると残したい気持ちになりなかなか進みません。全部捨てることから考えていくとどうしても必要なものが見えてきます。不必要なものは廃棄物として処分しますが、通常の家庭ごみと同じように燃えるごみ、燃えないごみ、粗大ごみなどに分別していきます。

3.処分方法を決める

遺品の分類後は残しておくものは大切に保管します。不用なものは処分方法を決めていきます。新しくてまだ使えそうなものはリサイクルショップに買取依頼をする、まとめて処分したいので不用品買取業者に相談するなど処分を進めます。廃棄物に粗大ごみやリサイクル家電などがあると時間がかかるため自治体などに処分方法を確認します。

4.価値があるものの処分

遺品で残しておくものの中には写真やアルバムなど遺族にとって大切なものと、高価な宝飾品など資産価値があるものに分けることができます。高価なもので故人が身につけていたものは形見分けをしたり、引き取り手が見つからないものは買取業者に相談するなどして処分先を決め、すべての遺品整理を終了させることになります。

時間や体力に自信がない人は
遺品整理業者に依頼も検討してみましょう

これまで説明した通り、自分で遺品整理を行おうとすると時間や労力がかなりかかってしまうことになります。遺品の量にもよりますが準備から考えると1日の作業で終わることは考えにくく数日に分けて徐々に進めることになるでしょう。

退去するなど処分を完了するまでの期限が決まっていたり、遠方の場合には頻繁に訪れて作業を進めることが困難なケースも出てきます。処分するのに業者に相談するのであれば、最初から専門の遺品整理業者に依頼するほうが1日の作業で終わるので効率的です。

\充実のサービスとコストパフォーマンス/ 横浜の頼れる
遺品整理業者3社
  • CLEAR(クリア)
    価格(1R/1K)
    20,000円~
    • 供養
    • 形見分け配送
    • 不用品の買取
    • ハウス
      クリーニング
    • リフォーム
    • ゴミ屋敷の
      片付け
    • 秘密書類の
      処理
    • 特殊清掃
    • 家の解体
    • 女性スタッフ
      在籍

    公式HPで
    相談してみる

  • 遺品整理プログレス
    価格(1K)
    35,000円~
    • 供養
    • 形見分け配送
    • 不用品の買取
    • ハウス
      クリーニング
    • リフォーム
    • ゴミ屋敷の
      片付け
    • 秘密書類の
      処理
    • 特殊清掃
    • 家の解体
    • 女性スタッフ
      在籍

    公式HPで
    相談してみる

  • ネクストサービス
    価格(1R/1K)
    25,000円~
    • 供養
    • 形見分け配送
    • 不用品の買取
    • ハウス
      クリーニング
    • リフォーム
    • ゴミ屋敷の
      片付け
    • 秘密書類の
      処理
    • 特殊清掃
    • 家の解体
    • 女性スタッフ
      在籍

    公式HPで
    相談してみる

業者の画像

横浜市の数ある遺品整理業者の中から安くてサービスが充実している業者をピックアップしました!